糖尿病治療の注意点とセルフケア

運動療法による体重維持

2型糖尿病の原因になる肥満

糖尿病の中でも2型糖尿病は、肥満が引き金となって発症することもあります。
運動により、過剰に摂取してしまったエネルギーを消化し、肥満を抑制することで、糖尿病の発症を抑えることができる可能性が高まります。
また、糖尿病の治療としても、継続的に運動を続けることで、筋肉の活動量が向上し、インスリンの働きが改善するという効果もあります。
食後1時時間くらいのタイミングで運動するとブドウ糖が筋肉に取り入れられやすく、インスリンも効率的に働き、血糖値を下げるのに、最も効果的です。
インスリンを作り出す細胞が壊れてしまう1型糖尿病であっても、毎日の分銅は、体外から補給しているインスリンの働きを高めてくれる効果があります。
糖尿病の種類を問わず、毎日の運動は血糖コントロールに非常に大切なんですね。

どんな運動が効果的?

ひとくちに運動と言っても、筋トレのように負荷をつけて行うハードなものから、ジョギングの様な、比較的ゆったりと行う有酸素運動などまで様々です。
糖尿病の方には、ダンベルなどを使う筋トレの様な運動よりも、歩いたり、水泳など、全身で行う有酸素運動の方が向いています。
短時間で行うよりも、ゆったりと、比較的時間をかけて継続的に行う運動の方がインスリンの働きを高める効果があるからなんです。
歩行運動であれば一日約1万歩、消費エネルギーにしておよそ160~240kcalほどの消費が望ましいといわれています。
いっぺんに行うのは大変かもしれないので2回に分けて、1回につき15~30分ほど行う形が長続きの秘訣かもしれません。
毎日でなくとも週3回程度行うことが望ましいとされています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る