糖尿病治療の注意点とセルフケア

薬物を取ることで症状を改善する

インスリン注射にも種類が様々

インスリンを分泌させる細胞が不全のためにおこる1型糖尿病の場合、体外からインスリンを補給してあげなければなりません。
その時に用いられているのがインスリン注射です。
健康な人の食後のインスリン分泌と同様に再現できるように作られたインスリン製剤は、食事直前に注射することで、食後の血糖値上昇を抑えてくれます。
効果が出るまでにかかる時間によっていくつかの種類があります。
注射してから10~20分で効果が出る超即効型のもの、30分程で効果が出る即効型、1から3時間と長めにかかる中期型とあります。
効き目が早ければ効果の持続時間は短く、超即効型で1~2時間、即効型で5~8時間、中間型で18~24時間です。
投薬後の血糖の状態によっては、組み合わせて使用したり、それぞれを配合した混合型インスリン注射を使用することもあります。

血糖値を上げる経口薬

遺伝的な要因と肥満などが合わさって発症する2型糖尿病の場合、インスリンの分泌量が下がっていることによって症状が悪化します。
食事や運動で血糖をコントロールするのが基本的な治療方法ですが、はかばかしい効果が見られない場合、薬物療法を行います。
症状によって様々な薬が使用されています、
糖の過剰な合成が抑えられ無い場合はブグアナイド薬という、肝臓での糖の合成を抑える薬、インスリンの働きを高めるためにはチアゾリジン薬を使います。
インスリンの分泌を促進する薬には、DPP-4 阻害薬、スルホニル尿素薬、即効型インスリン分泌促進薬等があります。
生成されたブドウ糖に働きかける薬もあります。
小腸でブドウ糖を吸収するのを遅らせる、α-グルコシダーゼ阻害薬や、ブドウ糖を尿として排出するのを助けるSGLT2阻害薬などが用いられます。
医師から処方される薬の特徴を理解しておくと、ご自分の症状がよく理解できるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る